牛深青年会議所
総務委員会
委員長 大石 孝一

我々が住み暮らすこの牛深は、昔から漁業が盛んな町として知られ、水産資源を活かしたまちづくりが行われてきました。しかし、近年では漁業を活用したまちづくりだけでは限界もあり、環境変化の影響で天然魚の水揚げ量も以前と比べ減少しているため、水産基地としての魅力も衰退しつつあります。また、全国的に抱える人口問題でも、魅力ある職場や収入、利便性が良い都市部に若者たちは憧れ、牛深の若手も年々少なくなってきています。このようなことから、牛深の企業では働き手不足が生じ、この問題を解決するために現在では若手に代わって外国人研修生を取り入れるなどの対策が行われています。これは今後の牛深の経済面と産業面の衰退だけではなく、地域が抱える人口減少の問題に対しても新たな活路を見出すきっかけとなると考えます。またその他にも、この牛深が持続可能な地域社会を構築するために、まちとして今後の発展を目指し、再度牛深の利点を活かした産業に目を向け、さらに価値あるものを創造、発信することが未来の牛深の創造につながるのではないかと私は考えます。

本年度当委員会では、理想の牛深を想像するだけではなく、牛深住民で未来の牛深を創造するため、主に二つの事業に取り組んで参ります。一つ目の事業は、牛深に住み暮らす人々に新たな交流の場をもたらし、牛深住民の固定観念を取り除き、意識を変革させることで、持続可能な牛深を創造していく礎を築きます。二つ目の事業では、牛深地域に未だ周知されていない産業に光を当て、まちの利点を活かした産業の可能性を見出し、地域内外の人々へ発信していきます。

私は、過去2回の委員長を経験させて頂く中で、多くの学びと反省がありました。これらを活かすべく、本年度理事長が掲げられる目標の一翼を担い、未来(まち)づくり創造委員長という大役を全身全霊をもって一年間全うする所存です。そして、その姿を牛深青年会議所のメンバーに見てもらい、JAYCEEとして、社会人として成長に繋げていただけるよう、私自身が邁進して参ります。

ONE TEAM

〜牛深の未来のために〜
  • 新年会事業
    【事業内容】
     新年会の実施
     2020年度牛深青年会議所の新体制を披露し、深川丸の
     門出を祝う
  • 研修事業
    【活動内容】
     持続可能な牛深を作るための事業の構築。